2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10
新着情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

当時童貞だったオレ

(-д-)本当にあったずうずうしい話 第163話


424: おさかなくわえた名無しさん 2012/12/04(火) 09:43:03.16 ID:cFuqHjl2

この時期になると思い出す。
ずいぶん昔の大学の頃、大して仲良くない奴Aから
「スキー行きたい奴集めてんだけど、行かねぇ?女の子も行く。紹介するから」
とか言われて、当時童貞だったオレは浮かれてOKした。

なんでオレが呼ばれたかと言ったら、兄貴のおさがりの車を持ってたからだ。
連中は、レンタカー代やら電車代をケチりたかったんだろう。
俺とAを含め、B、Cの4人でボロ車でスキー場へ。(B、CはAの友達で、オレは初対面)
スキー場についたら、最寄りの駅まで女の子を迎えに行かされる。
女の子は6人だったから、2往復もする羽目に。
その間、コミュ能力ゼロのオレも女の子に話しかけるも、そっけない返事をかえされるのみで
女の子同士で盛り上がってた。
まぁ、それでもいいや、女の子の数の方が多いし、Aも紹介してくれるっていうし、
フリーの子もいるだんろう、と愚かにも期待を寄せていた。
宿に全員集合すると、合流してきたAの男友達3人DとE、Fがいた。
(あれっ、聞いてないよ~)と言う感じだったが、部屋は大部屋で、男女で雑魚寝するという。
内心、興奮してたオレ。

で、スキーしに行くが、ワイワイ盛り上がって、俺が全くの蚊帳の外状態。Aを含め、誰もオレに話しかけない。
そこでバカなオレはやっと気づく。
男6、女6 +1(オレ)じゃねーか!!
予想どおり、連中同士でペアを作り、二人乗りのリフトに乗って、滑りに行ってた。
オレ、予定調和のように、ぼっち決定。
っつーか、話しかけても皆素っ気ない返事。ほとんどの人が「なんでこいつここにいるの?」みたいな空気。


426: おさかなくわえた名無しさん 2012/12/04(火) 09:50:37.93 ID:cFuqHjl2

で、適当に滑って夜。
Aから「雑魚寝なんだけど、女子が知らない人とは嫌だって言い出すんで、お前、車で寝てくれ」
と言われる。
「えっ、予約してあるんだろ?食事は?」
「あ、お前の分、予約してなかったんだわ。すまん」
「ちょっ・・はぁ?それどういうこと?」
「わりーな。うっかりしてた。まぁ、明日は夕方まで滑って夜帰るから。それまで自由にしてていいよ」
「えっ・・・じゃあ、A、オレただの送り迎え要因じゃん。女の子紹介してくれるって言うから来たのに」
「ああ、みんな彼氏持ちなんだわ」
「はぁ!?なんだよそれ~」
「しょうがないじゃん。彼氏いない子は急にこれなくなったんだし。後で紹介してやるよ」
「え~」
「いちいち気にするな。心が狭い奴だな」

「っつーか、車でなんて寒くて寝てられないよ」
「じゃあ、宿でも探してとまればいいだろ!」

これから乱交でもするのか、ソワソワしだして、Aは怒り出した。
「じゃあ、オレ、帰るわ。意味ねーし」
と言うと、慌て出すA
「はぁ?バカか?お前は!どうやってオレら買えるんだよ」
「電車とかバスで帰ればいいじゃん」
「もってねーだろ!金が!」
と、何分か、俺を説得するA。しかし、訳のわからん理屈ばかり。
「いや、車だって高速代とガソリン代かかってるし、あとで割り勘してくれるんだよな?」
「そんなちょっとくらいの金だせよ。みみっちいこと言ってるからモテねーんだよ!この童貞野郎が!」
まぁこれで「帰るわ」と言って強引に帰ったんだが、
大学に戻ってからが大変だった。
Aたちに、豪雪地に取り残しやがった非情な糞野郎と学科内に広められ、友達が全くできなくなった。


432: おさかなくわえた名無しさん 2012/12/04(火) 10:10:01.15 ID:cFuqHjl2

後日談

何年かして、Aは退学した。万引きしただの何かの事件に関与していただの噂がたったが、
経済的な理由らしい。

その後、4年のときにBと偶然に同じ研究室になって、仲良くはならなかったが、
いろいろ話す機会があって、当時の旅行についても聞き出せた。
A~Fは、高校が一緒で、よく遊んだ中らしい。
女の子も何人かは高校が一緒だが、Bも初対面の子もいて、
当時のAの彼女が同じ大学の子を誘ってきたらしい。
だから、当然フリーの子もいたようだ。
「全員、彼女もちだってA言ってたけど、違うんじゃねーか!」と怒りがわいた。
夜は、乱交ってほどでもないが、まぁそこそこHな雰囲気になったらしい。
(Aとしてはやはり乱交をしたかったらしいが)
で、Aは彼女の連れてきた子にも手を出そうとしていたらしく、結局は彼女と破局。

そして思ったとおり、Aは俺をただの送り迎え要因として考えていたらしい。
Bは、俺を知らなかったが、Aが「送り迎えできるやつがいるからただで行ける」と言っていたということだ。
女の子達には「あいつはただのアッシーだから気にすんな」と言って、女の子たちも
「なにそれー。キモーイ」とか言いまくってたらしいので、変な女と関係がなくてよかったとも今思うw


すぎたことだが、雪のふる時期になると、何か思い出して鬱になる出来事。


関連記事
[ 2013/01/20 19:00 ] ずうずうしい話 | TB(0) | CM(0)


この記事へのコメント

この記事へのコメント

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

寝ピア

管理人:寝ピア
当ブログについて

用語
FO=FadeOut(フェードアウト)徐々に縁を切ること。
CO=CutOut(カットアウト)すっぱり縁を切ること。

カテゴリー
 
検索フォーム
カウンター
あわせてどうぞ
あわせて読みたいブログパーツ track feed ブログ
フィードメーター - ちょびエコ
この日記のはてなブックマーク数


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。