2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08
新着情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

大学の頃、彼と一緒にボランティア活動をしていた。

百年の恋も冷めた瞬間!★129年目
http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1330676701/


697:おさかなくわえた名無しさん:2012/03/17(土) 14:21:11.25 ID:nSV9OEqP

大学の頃、彼と一緒にボランティア活動をしていた。
そこに入って来たのがA子。
小学校5~6年の時の同級生で、私は彼女とその取り巻きにいじめられていた。
しかも犯罪スレスレ(犯罪かも?)のエグいいじめ。
家の壁に卑猥な落書きをいっぱいにされたり、教科書やノートを複数回捨てられたり・・・。
当時は本気で自殺を考える所まで追い詰められてた。
忘れてたと思ったのに、彼女の顔を見た瞬間にそういう嫌な思い出がバーッと蘇った。
向こうがこっちをみて「わー、私子ちゃん!?久しぶりー」という感じで明るく親しげにしてくるのも気分が悪かった。
就活の時期も近かったのもあって、ボランティアを抜けようと彼にそう話した。
しかし、彼の返事は
「10年近く前の話でしょ?」
「A子さんが昔嫌な人だったとしても、逃げるのは良くないと思う」
いやあの人とは何年経っても関わりたくない、と言ってるのに話を聞いてくれない。
揚句の果てに、
「よし、じゃあA子さんと話あおう。そして謝罪してもらおう。それで私子も許してあげよう、ね?」
何言ってんだこの人・・・と思った。
うだうだ話合いを続けるうちに本当にお互い就活が忙しくて自然消滅。
彼は小学校の教員になったけど、ちゃんといじめに対応できる先生になったんだろうか。
あのままだとしたら彼担任のいじめられっ子は可哀そうだなと思う。





マジでガチなボランティア (講談社文庫)
石松 宏章
講談社
売り上げランキング: 118050

関連記事
[ 2012/05/02 16:00 ] 男と女の話 | TB(0) | CM(2)


この記事へのコメント

この記事へのコメント

    2646 :ちょびっと名無しさん:2012/05/02(水) 22:45:58 ID:-
    ずっと引きずってる697の方が可哀そうというお話でした

    2650 :ちょびっと名無しさん:2012/05/03(木) 16:57:45 ID:-
    自分のした事すっかり忘れて、後ろめたさもなく話しかけてくるAに話し合いを求めた所で謝罪の言葉が聞けると思うんか。
    トラウマってそう簡単には拭えるもんじゃないだろうに、いつまでも引きずるなって言う方が酷

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

寝ピア

管理人:寝ピア
当ブログについて

用語
FO=FadeOut(フェードアウト)徐々に縁を切ること。
CO=CutOut(カットアウト)すっぱり縁を切ること。

カテゴリー
 
検索フォーム
カウンター
あわせてどうぞ
あわせて読みたいブログパーツ track feed ブログ
フィードメーター - ちょびエコ
この日記のはてなブックマーク数


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。